ひたち野Hugs

ひたち野うしくから発信。
もっともっとこの街が暮らしやすく、
温かい場所になるように。
0歳からすべてのひとの
ために綴るコミュニティブログです。
市議会にキッズ傍聴席を。
0

    台風が吹き荒れています。

    皆さま、十分にご注意ください。

     

    嵐前日の金曜日、静かな午後に

    一般質問をさせていただきました。

    今回の幼児教育費無償化の対象外と

    なった、数名の園児のご家庭の

    見逃せない事案を

    を取り上げたものです。

     

    保育園、幼稚園が無料になる!

    だから消費税が10%になるのも我慢する。

    そんな街頭インタビューをTVで見た経験があります。

     

    いえいえ。

    すべてのご家庭に

    すべての園児に当てはまるわけではありません。

    そして、すべてが無料になるのでもありません。

     

    3歳から就学前までの

    「認定幼稚園」(公立・私立)

    「認定保育園」

    「認定こども園」

    に通っている園児で、保護者が

    規定の時間数働いている、

    療養中である、

    など「保育の必要性があると認められた場合」と、

    第三子以降の園児、年収の規定に当てはまる家庭など

    一定の条件をクリアしたうえで、助成額が決められます。

    また、おやつ・給食のおかず代などは例外をのぞき、

    実費徴収となります。

     

    さらには。

     

    認可外施設、たとえば

    インターナショナル型幼稚園、

    森のようちえんなど、

    個性派の「幼稚園類似施設」に

    通う方で、保育の認定がなければ

    全くの対象外となります。

     

    法のもとにこどもは等しく

    平等な教育を受ける権利があるのでは

    ないでしょうか。

     

    台風がせまるなか、

    幼稚園のお迎えがせまるなか、

    そんな少数派のママが赤ちゃんを抱いて

    傍聴にいらっしゃいました。

     

    牛久市議会では

    子連れの方でも傍聴することができます。

    でも、その方はやっぱり周囲に気遣われて、

    結局は傍聴席から外へ。

     

    つくづく思いました。

    聞き届けたい質問をゆっくり聞けない

    市民傍聴席って。

     

    例えば那覇市ともうひとつ

    こちら

    金沢市↑には子連れ傍聴席があります。

    必要だよね〜と女性議員からも

    声があがっています。

    同僚議員も賛同してくださっています。

     

    がんばります!

     

     

     

     

    | 子育て | 19:21 | comments(0) | - |
    娘の気持ち。
    0

      長女の小学校では今年4月から、

      ヘルメットを着用して学校へ行く、

      という不思議な決まりになりました。

       

      高学年に配布されたのは6月。

       

      このヘンテコな決まりに、もちろん

      一保護者として、市議会議員として

      バッジをつける前から反対はしておりましたが。

      このおかしな状況がどんどんまかり通って、

      先生もかぶらないと叱るようになり、

      赤白帽子を忘れた児童はヘルメットをかぶって、

      そうじをするようになり。

      事態を打開するべくお手紙を配布しようとした民主的な

      小学校には「待った!」がかけられ、、、

       

      ヘンだけど、暑いけど、安全だと言い聞かされ、

      命を守るためだと怒られて、

      児童がヘルメットで徒歩通学が現在の牛久市です。

       

      最初にびっくりした友人と

      「わたしたちがヘンなのかと思っちゃうよね」

      と首をかしげていたら、

      医師の方から

      「直射日光を目が浴びる危険性」を

      指摘されました。娘は小学校の視力検査でCをもらって

      帰宅しました。スマホもゲームもやっていません、

      勉強も特にがんばっていません…

      親として、真剣に彼女と話し合いました。

       

      本人、泣きながら

      「かぶらなきゃいけないんだもん。」

      「止めたら目立つから嫌」

      「自分の考えを押し付けないで」

      「みんなに止めてもらうようにもっと努力して」

      と言われました。

       

      自分の仕事をこれほど悩んだことはありません。

      もし市議会議員じゃなかったら、

      どうしていただろう。きっと

      もっと早くにお手紙を書いて、かぶっていくのを

      止めさせたはずです。

       

      市民の皆さま、ヘルメットの着用は義務ではありません。

      そして眼病や視力に影響することはもちろん、

      頚部への負担もあります。

      でも、不慮の事故や災害も起こりえます。

      どうか、お子様と話し合ってみてください。

       

       

       

       

       

      | - | 22:28 | comments(0) | - |
      発信する熱意、届ける努力、伝える誠意。
      0

        牛久市のホームページがリニューアルされ、

        使いやすくなりました。

        ピクトグラムが導入され、ニーズに応えるべく

        2クリックくらいで

        目的に辿り着けるように工夫されたそうです。

         

        今日はこちらをご覧ください。市に向けて眼科医の方が出された意見です。

        http://www.city.ushiku.lg.jp/page/page008090.html

         

        ご意見を出される医師としての熱意と姿勢に

        共感し、どうにか形にし、ヘルメットの意義と必要性を市民全員で

        考えられないかと、ともに頑張らせていただいています。

        この件につきましては、職員の方々には常時、真剣な対応で、

        向き合っていただきました。

        また、市としてご意見を削除することなく、

        正面から掲載された背景には、市長をはじめ、

        広報政策課の方々の決断、ご尽力があったことと承知しております。

         

        新しいうしくに期待します!一般質問は金曜日、これからですが笑

        | 小学生徒歩通学用ヘルメット | 09:03 | comments(0) | - |
        10月の空を見上げて。
        0

          ブログの更新に時間が空きまして…。

          申し訳ありません。

          9月議会という名前の10月議会がはじまります。

          質問予定が例によって

          10月11日(金)午後13時予定ですが、

          例のごとく午前中の最終質問になる場合も。

          自分は何に悩んでいたかというと、

          一般質問の内容について、です。

          自宅ポストにも頂いた小学生からのお手紙、

          たくさんの市民の皆さま、医療・教育関係者、

          県外の方からのご意見もありました。

          徒歩通学ヘルメットの選択制着用、

          こちらの質問に向けて一生懸命に準備を進めて

          参りました。

          そしてここにいたり、放課後の

          交通事故の事例を確認しました。

          詳細は確認中ですが、ヘルメットで

          児童の頭部が守られたことは事実です。

          自身、自転車用ヘルメットは大切で、絶対に必要な

          ものであると認識しています。

           

          でもこのタイミングで徒歩通学用ヘルメットの質問を

          重ねることは、PTSDの恐れもある

          児童個人を特定する情報を公にする、

          ということであり、

          また、「徒歩通学時」選択制着用への動きに

          足止めをかけることにもつながります。

           

          悩んで悩んで…

          まずはみんなで考える、語り合う場所・機会

          を設けること。市民の方に教育長・市長に面会し

          ていただくこと。

           

          そして自分自身の軸足を今一度どこに置くか、

          考えました。

          それは

          こどもたち。

          そして

          弱い立場、

          声をあげられないところにいる方々。

           

           

          今回の質問はそんな中からふたつ。

          「市長への手紙」について。

          今月から始まった

          「幼児教育無償化

          (保育園・幼稚園に通う3〜5歳時の保育料が無償に

          なる国の制度)に伴い、

          実費徴収となる昼食(正確にはおかず代)

          ・おやつ代助成と

          様々な条件から保育料が無償に

          ならない児童への助成」

          についての質問です。どちらも市の独自助成を

          求めていきます。

          国庫負担による無償化で、

          市の財政に若干のゆとりができます。

          こどもが減少するなか、牛久市では

          全国でも有数のマンモス小学校、中学校が

          生まれています。他市町村が先駆けて副食費

          や認可外保育施設まで助成をひろげるなか、

          市はどうあるべきでしょうか。

           

          今日も現場職員の方々も新制度導入により、

          作業に追われるなか、

          真剣に耳を傾けてくださいました。

          昼休みをつぶしてしまい、さらには

          しつこくデスクまで追いかけて…

          本当に申し訳ない次第です。

          ヒアリングにご協力いただいた自治体担当課さま、

          私立幼稚園、保育園さま、

          ありがとうございます。

           

          ヘルメット選択制着用、

          小さな声を託す「市長への手紙」

          無償化が生む新たな不平等へ「市の独自助成」

          がんばります!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          | 子育て | 21:46 | comments(0) | - |
          ふたたび選択制ヘルメットの着用へ。
          0

            今回の豪雨により、被害にあわれた

            皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

            また被災地に見回りにいって

            いただいた、市原市の鈴木さまに深く

            御礼申し上げます。

             

            ただいま9月議会の準備に入っています。

             

            議席を得る前から、一貫して訴え続けてきた

            小学生の徒歩通学用ヘルメットについて、

            質問させて頂く予定です。

             

            こちらについては、児童から

            「暑い、首が絞まる」と

            意見を直接いただいており。

            さらには医師の方からも専門的

            立場からの考察を寄せていただいて

            おります。

            そして、海外の友人には当初より、

            「日本のこどもは人権がないのか」

            「なぜ公立の小学校で一律に同じ

            ものを着用させるのか」

             

            これだけの根拠がありながら

            着用を「選択制に」できない理由が

            どこにあるのか、不思議に感じています。

            そもそも、議会で予算が通る以前に、

            市民として現物のヘルメットを見せて

            いただいた記憶が頭から離れません。

             

            予算化する前に決まっていたヘルメット。

            最初から予定されていたメーカー。

            市民からはひとつも声のなかったヘルメット。

            なぜ。

             

            茨城県が自転車に乗る際にヘルメットを推奨すると

            同時に、「徒歩通学時にも有効であるとされて

            います」というパンフレットを配布しましたが、

            今その文言は削除されていると伺っています。

            牛久市の導入の根拠の一部もそこにありました。

            ならば、もう止めていいのではないでしょうか。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            | 小学生徒歩通学用ヘルメット | 08:02 | comments(0) | - |
            停電情報。
            0

              関東地方各地に爪痕を残し、まだ余波が続いている

              台風15号。千葉県では観測史上最大風力が記録されたそうです。

              市民の皆様におかれましては十分ご注意ください。

               

              現在牛久市では数千戸の住宅停電が起きています。

              最新情報はこちらでご覧ください。

              停電情報

              | - | 10:45 | comments(0) | - |
              下根中学校運動会。
              0

                台風も予想されるなか、

                本日牛久市立下根中学校の運動会が

                開催されました。

                 

                熱中症の危険があるということで、午後の競技は

                中止。火曜日に繰り越しに。

                晴天でも運動会ができない時代に…。

                それでも生徒たち、がんばってました!

                ↑生徒が考えた…のかな。

                すごいスローガン!小学校とは違うなぁ。

                 

                ↑ずらっと並ぶスクール自転車。壮観。

                来春から分校になるので、少し減るかな。

                 

                本日の感想。

                 

                来賓って誰のためのものなんだろう。

                 

                 

                相変わらず顔の売れてない自分は、

                どこに座ったらいいか、年配の方を

                差し置いてそもそも座るのか、

                まごまごしておりました。

                友達と端っこで応援しているほうが、

                やっぱりいいなぁ。

                 

                ともかくも、ありがとうございました!

                そして皆さん、お疲れさまでした。

                 

                 

                 

                 

                 

                | - | 14:14 | comments(0) | - |
                9月議会がはじまります。
                0

                  蒸し暑さがぶり返した今週末。

                  豪雨による災害に逢われた方に

                  心よりお見舞い申し上げます。

                   

                  市長選の関係で牛久市議会の一般質問は

                  10月にはじめになる予定です。

                  現在は、各市議、議会報告を終え、

                  次年度の予算編成に向けて

                  要望書を提出したところです。

                   

                  たくさんの要求がありますが、自分は

                  「徒歩通学用ヘルメットの着用を保護者に一任すること」

                  「保育費無償化対象外となった家庭に、牛久市独自の助成を」

                  「障がい児・要支援児童に特別支援員の増員を」

                  の3点を特に要望しています。

                  他にも

                  「市内交通網の充実」

                  「側溝への蓋かけの徹底」

                  「公園のトイレ整備」

                  「通学路の危険箇所の点検と安全整備」

                  とそのままにしておけないことが山積みです。

                   

                  たったひとつ、お金をかけなくても

                  解決できる課題があります。

                  そう、通学用のヘルメットです。

                   

                  かぶりたい子はひとりもいない

                   

                  このシンプルな事実をどうして

                  見つめられないのでしょう。

                  夏休みに他県から遊びに来た友人が

                  「どーしたの!?これなになにエイリアンだぁ」笑

                  と、写真を撮って帰りましたが、

                  笑っていられるのも今のうちかも。

                  確実に着実にヘルメット構想は進んでいます。

                  大阪ではCMがON AIR されています。

                  メーカーが無料配布までしちゃってます。

                  自分にも周囲にも海外にも

                  問いましたが、おかしなものはおかしい。

                  「加川議員、何してるんだ!」というお手紙

                  やお電話をいただきます。

                  「ヘルメット、かぶらなくていいように

                  してくれるよね」

                  ご近所の小学生に約束させられます。

                   

                  頑張ってます!ついには同僚議員にまで

                  しつこい、こだわり過ぎ

                  と言われますが。だってかぶるのは、

                  声を上げられないこどもたちなんだから。

                   

                  ↑心が疲れたら通って欲しいご近所のカフェです。

                  水曜日、土曜日10〜16時の開店です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  | 小学生徒歩通学用ヘルメット | 01:42 | comments(0) | - |
                  明日の牛久を託せるのは。
                  0

                     

                    今日、市議会議員のお名前で

                    チラシがポストに投函されていました。

                    まずは、実名での投書には敬意を評します。

                    怪しい怪文書とは明らかに出所も違う。

                     

                    ただ書かれている内容が正確ではなく。

                    通われている保護者や

                    懸命に働かれている職員の名誉やお気持ちを

                    傷つけるものではないかと、

                    ここに問います。

                     

                    牛久市議会有志の会チラシより

                    (原文のまま抜粋)

                    ひたち野地区に建設した新幼稚園は、職員組合の

                    要望を受け、年収700万円を超える正職員約30名を

                    継続雇用するためである。

                     

                    それは「牛久市立第一幼稚園」のことでしょうか。

                    年収700万円を超える正職員30名とは、

                    どの職員数でしょうか。

                    国語の文法通りに理解するなら、

                    主語と述語が違いませんか。

                     

                    同園には園長先生と年長、年少の担任、

                    各副担任、非常勤の職員がいらっしゃいます。

                    加えて正規のかたがいるなら、残り

                    二ケタ以上も職員が増えることになります。

                    また同園の建設目的は組合からの要求に従ったもの

                    で、一切の地域要求はなかったのでしょうか。

                     

                    今一度

                    ●同園の設立の経緯と目的

                    ●正規職員数と給与

                    ●国費により幼児教育が無償化。

                    市の負担分が減少。

                    公立幼稚園の保育費との相殺関係においての

                    正確な市の負担額。

                     

                    きちんとご確認いただき、市民に
                    訂正される責任があるのでは。

                     

                     

                    市長選がせまっています。

                    怪文書や中傷ビラ、もう止めませんか。

                     

                    別の方法で選挙を盛り上げたい、

                    投票率をあげたい、そう考えます。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    | 子育て | 21:37 | comments(0) | - |
                    教育委員会を傍聴して。
                    0

                      本日は牛久市教育委員会の定例会がありました。

                      新しい教育委員さんも迎え、

                      どのような空気感なのかな…と

                      傍聴に出かけました。

                       

                      毎回、残念に思うのは。

                      大切な議題、関心のある議題がすべて「非公開」

                      とされること。もちろん牛久市条例や定規など根拠は

                      あるのでしょう。でも何のための、誰のための、

                      という疑問が払拭できません。

                      本日の公開議題は人事に関すること。

                      そして非公開議題は

                       

                      議案第8号 牛久市教育委員会いじめ調査委員会を設置しないことについて 非公開

                      報告第10号 牛久市教育支援委員会答申について  非公開

                       

                      これ、大切な案件ではないですか。

                      市民にとっても、これからの牛久にとっても。

                      聞きたかった。なぜいじめ調査委員会を設置しないのか。

                       

                      とまぁ、しばし会議室の外で考えていたら、

                      立ち入りを禁止するため入り口のボードに置かれた

                      「非公開」の用紙が風にあおられ何度もヒラヒラ笑

                      そのたびに拾っていましたが、

                      最後はあきらめて、自分で持っていました。

                      「非公開」

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | - | 21:39 | comments(0) | - |
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      + PR
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ